手術当日(2013.4.18)

いよいよ手術当日

いよいよ手術の時が来ました!実は小さいものも含めれば今回が4回目の手術です。4回目で大きな手術ではないにしても…やはり不安です。

 

朝から点滴を打ち9時に手術室に向かいました。手術室の雰囲気を見るとさらにドキドキしてきますね(>_<)

手術台に上がると心電図やらなんやらでコードをいろいろつながれ麻酔です。脊椎に刺す下半身麻酔です。実は以前、マルクという骨髄を採取する注射をしたことがありました。悪性リンパ腫で治療中の時です。あの時は針が太く叫びそうになる痛さでしたが、それに比べれば今回はかわいいものでした。

 

麻酔が効いてきたのかおしりのあたりが温かい感じがしてきました。その後、正座をした後のようなビリビリとした痺れが始まり、先生が確認のため足に刺激を与えたときにはほとんど分からない状態です。

 

うつ伏せになった状態なので手術の様子は見えませんが、話声は聞こえます。ただし先生も気を使ってか小声です。

 

「もう始まるのかな~」と思っていると小声で「よろしくお願いします」との声が。たぶん、ここからスタートなんでしょうね。ですがちょっとピリッと痺れが来るぐらいで何をされているかも分からず、全く痛みもありませんでした。

 

9時から手術室に入り、予定では1時間半ぐらいでしたが終わったのは11時半前です。痛みもなく麻酔のためか時々、うとうとするようなことも!?うつぶせ状態でかなり疲れましたが無事、終了です!

 

手術室の先生が、「筋肉隆々ですね~。何のスポーツされているんですか?」と質問されました。この質問、入院している間に4回ぐらいされましたが、カルテには間違いなくバドミントン中のアキレス腱断裂と書かれているはずです。バドミントン選手ではなくラグビー選手とかの体型に見えるんでしょうかね(-_-)

 

病室に戻りむくみ防止のため足は軽く上げた状態です。心電図やらのコードで身動きもできず、下半身は麻酔が効いているためビリビリ。足を動かしてやろうと思いましたが、直後はピクリとも動きませんでした(>_<)

 

昼の3時ぐらいから麻酔も切れて足も動くようになってきました。若干、痛みはありましたが、痛みどめを飲んだら治まりました。当日は足を地面に着けないようにとのことで、トイレに行けません。尿器でのトイレに少し抵抗を感じました(>_<)

 

何はともあれ無事、手術終了です!

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA