アド通信NO.87『新年度のお知らせ』

みなさん、新年あけましておめでとうございます!今年もみなさんと元気いっぱい頑張っていこうと思います!どうぞよろしくお願いします。

さて、新年一発目のアド通信は重要なお知らせから。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、今年4月から放課後等デイサービス『ウィズ・ユー栗東小平井』をオープンする予定です。主に軽度発達障害の子が放課後を過ごすための場所として準備を進めているところです。

発達障害というとあまり良い言い方ではないのですが、考え方によっては個性の差ではないでしょうか。自分の気持ちとしてはそういった子たちの個性を大事に長所を伸ばすお手伝いができればと思います。もちろん、社会に適合するための支援も大切な役割です。

ちなみに塾長のバドミントン仲間に発達障害ではないですが、車いすに乗りながらバドミントンをして世界で活躍されている方がいます。全力でバドミントン一筋に生きている姿は見ていてカッコいいですよね。好きなことをしながら生きていける。塾長もそういう生き方を目指しています!

ウィズ・ユーの場所は今の小平井教室で始めます。それに伴い現在のアドゼミナールの授業時間や仕組み等を一部、見直す予定をしています。新しい事業を始めるために既存の生徒に迷惑をかけてはいけません。今までの品質は保ちつつ新しい取り組みを進めていきます。そのあたりはまとまり次第、改めてご連絡させていただきますが、ただこのタイミングで今の個別指導から思い切って自立学習にシフトしたいと考えています。

前々からお話ししているように個別指導のスタイルも一長一短。分からないところはすぐに教えてもらえる。自分のペースで進められる。それはもちろんメリットではありますが、その反面、甘えも生じます。どうしても受け身の姿勢になりがちです。

今の時代、情報はすぐ手に入るので自ら動けばある程度の確率で成功できるようになってきています。自分が動いて情報をとりにいったら極端な話、無料の動画や情報で塾に行く必要なく自宅で学習できますし、仕事で成功することも可能です。

自ら動けば成功を手に入れることができるこの時代に、今の指導形態が時代にそぐわないというのが本音のところ。テストで得点を取ること、志望校に合格することはもちろん大切ですが、それ以上に生涯活用できるマインドや習慣の部分を大切にしたいと思います。自分で考えて学習を進める主体性を大切にしていきます。自分の子供にはそういう指導、教育をしています。

具体的な指導方法は自立指導を確立している某塾を参考にしようと思っています。また他の塾長仲間ともよく検証してみます。基本は1冊のテキストを徹底的に完成させること。これは今も昔も変わらず王道の勉強法です。そこから状況に応じて発展的な内容に進んでいきます。「塾長、分からへんー」に対して本当に分からないものにはしっかり説明します。ただ安易に考えるのが面倒くさかったりというのは、一旦、自分で考えさせます。また小テストと宿題の部分は徹底的に強化します。

中にはこのスタイルが合わないのではと懸念されるかもしれません。ただバドミントンクラブの練習も昨年、秋からガラッと変えましたが、やってみると子供たち順応するものです。また子供たちの学力や性格も十分に把握しておりますので、その子にあった最適な指導はご提供できます。ご心配、ご不明な点があればどうぞご連絡下さい。

最後になりますが受験生のみなさん。私立入試まではあと1カ月ほどになりました。冬期講習が終わって公立入試が終わるこの2カ月間が一番、しんどいところ…。塾長たちも全力で応援しますので、乗り切っていきましょう!それでは次回のアド通信もお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA